読書・鑑賞

スポンサーリンク
マンガ

『ボールルームへようこそ』(竹内友)

『ボールルームへようこそ』というマンガが熱い. 絵も美しいし描写も良い. 試合の場面では昔出場した時のことを思い出して心臓バクバク. 雀百まで踊り忘れず. もう20年も踊ってきたけどあと30年は踊り続...
映画

ドラマ『名探偵モンク』

『名探偵モンク』を今更ながら見始めた. 一緒に見ていた旦那様が「この人君に似てるね」. もちろん顔ではない. ここまでひどくないけど、私も彼の癖と同じ癖がある. しょうがないよ、曲がってると気になるん...
マンガ

『竜の学校は山の上』と『竜のかわいい七つの子』(九井諒子)

『竜の学校は山の上』と『竜のかわいい七つの子』. 藤子不二雄的SF(すこしふしぎ)なストーリーが琴線に触れる. この才能! 画力もストーリーテリングも素晴らしい. 『金なし白祿』『進学天使』が特に好き...

『ヤノマミ』

『ヤノマミ』はアマゾンで暮らす部族を取材した、NHKスタッフのルポ. ヤノマミの文化も衝撃的だったが、それ以上に過酷な旅を続けた著者(とスタッフたち)の精神力の方に興味が湧いた. 私はさすがに無理そう...

『金貸しから物書きまで』

『金貸しから物書きまで』を読む. 常に様々なことから逃げ続けてきた男・広田(33才)のどん詰まり人生. 妻子のために毎日吐きそうなほどのストレスに耐えながら働き続ける. 独特の文体(愚痴)が不思議な魅...

『リアル・シンデレラ』

『リアル・シンデレラ』宮部みゆき氏が「この作品を書いてくれてありがとう」と言った意味が読後よく分かる. 幸せとはなんだろうか. 本書を読んで救われたと感じる人もきっと多いだろう. 私もありがとうと言い...

『理系の子―高校生科学オリンピックの青春』

『理系の子』. 高校生の科学オリンピックにおける研究者の卵たち. スポーツばかりでなく、勉学に励む若者の青春にも注目したい. 私だとて高校生の時は生物部で組織培養に力を入れていたのにどこで道を踏み誤っ...
本に関すること

本を読むのは息をすることと同じ

どんなに忙しくても週に1度は図書館に行って、1週間分の本を借りて帰る. 図書館は思いがけない良書との出会いがある. すぐに役立つ本はすぐに役立たなくなる本である. 今役に立たなくても私は毎日本を読み続...

『最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件』

『最初の刑事』ヴィクトリア朝に起こった3歳児惨殺事件. スコットランドヤードの刑事・ウィッチャーが迫る裕福な家庭の暗部. 当時の資料を丁寧に掘り起こした重厚なノンフィクション. 本書は良くも悪くも「本...
映画

落語『黄金餅』

この間丸尾末広の新刊を読んだので、家事をしながら志ん生の『黄金餅』を聴いた. 聴き終わってちょっとテレビをつけてみたら、ドラマの登場人物が志ん生の落語を聴いている場面だった. なにこのシンクロニシティ...
映画

アニメ『サマーウォーズ』

『サマーウォーズ』はとても好きな映画だが、あの広大な家の掃除・洗濯・炊事を女たちだけがやっているという、田舎独特の暗黙のプレッシャーに心が沈む. あのお嫁さんたち偉いなあ.
マンガ

『瓶詰めの地獄』(丸尾末広)

丸尾末広の『瓶詰めの地獄』購入. 夢野久作の小説の中で最も好きな『瓶詰めの地獄』の漫画化. 麗しい兄妹と南の島を丸尾末広の絵で見られる日が来るとは! 落語の『黄金餅』ももう一度聴いてみたくなった.

『開かせていただき光栄です』

皆川博子『開かせていただき光栄です』 魂が震えた. 毎日読書しているのに、ページをめくり始めて最後まで一度も本を置かないという経験を久しぶりにした. 80歳超えてるの!? 凄すぎるだろ

『Qのしっぽはどっち向き?』『スーパーセンス』

『Qのしっぽはどっち向き?』に、殺人犯のカーディガンを着られるかどうかというエピソードが出てくる. たとえ洗濯してあっても着る気になれない人が多いはずだ. 心霊現象を信じさせるメカニズムだと思うと面白...

『もたない男』

これまで様々な掃除本を読んできたが、断捨離などてんで甘かったとため息をつきたくなる、究極の「捨てる」本を読んだ. それは『もたない男』(中崎タツヤ). 部屋に何もない. ここまでモノをもたずに生きられ...
マンガ

『母がしんどい』(田房永子)

マンガ『母がしんどい』 登場するお母さんが私の母とそっくりで驚いた.

『オノマトペがあるから日本語は楽しい』

『オノマトペがあるから日本語は楽しい』が面白い. ゴルゴ13でゴルゴがライターで火をつける円熟味のある音「シュボッ」は35巻になるまで出てこない. それまでは「チャッ」「シュバッ」.
マンガ

『賭博堕天録カイジ和也編』(福本伸行)

『賭博堕天録カイジ和也編』をまとめて読む. カイジシリーズは自堕落になっている時に良く効くカンフル剤なのだけど、和也編は正直3巻ぐらいにまとまる話ではないかと. でも1巻の『愛よりも剣』は激面白い. ...
スポンサーリンク