読書・鑑賞

スポンサーリンク

『ニートの歩き方』

『ニートの歩き方』(pha)。大いに賛成。会社で働きたくない人必読。ただしphaさんと私ではそこに至るまでのベクトルが180度違う。私はやりたくないことをやらずに生きられるのなら、どんな努力も厭わない...

『絶叫』

『絶叫』(葉真中 顕)。同世代の女性の転落の人生にハラハラ。陰惨なサスペンスに震えた。((((;゚Д゚)))) 彼女たちを応援しつつ読んだ。配偶者の保険金殺人などとても勉強になった。……あっ、そういう...

『旅行者の朝食』

『旅行者の朝食』(米原万里). 食に関するエッセイ. ロシア通訳者の筆者ならではの東欧の食べ物に興味津々. 本書を読んで猛烈に「ハルヴァ」なるお菓子が食べたくなり、ネット通販で買って食べた. 超美味し...
スポンサーリンク

『名探偵・御手洗潔シリーズ ガイドブック』

『名探偵・御手洗潔シリーズ ガイドブック』(講談社デジタル). 0円Kindle. 島田先生の紹介文が嬉しい. 全作読んだのだけど、またシリーズを再読してみようかな.

『「あとでやろう」と考えて「いつまでも」しない人へ』

『「あとでやろう」と考えて「いつまでも」しない人へ』(和田秀樹). 行動が全て. えいやっとまず動くのが吉. ぐずぐずして取り掛からない「のろま」な自分を動かすための本. 森田療法についても.

『腰痛放浪記 椅子がこわい』

『腰痛放浪記 椅子がこわい』(夏樹静子). 和製アガサ・クリスティと呼ばれる推理作家の体験記. 良質のミステリを読んだような読後感. クリスティと同じく読者が自分と向き合ってゾッとするというテクニック...

『フジツボ―魅惑の足まねき』

『フジツボ―魅惑の足まねき』(倉谷うらら). こんな世界があったのか. 何かに夢中になっている人の話はすごく面白い. センス・オブ・ワンダーあふれる、フジツボ愛の本.

『カモメに飛ぶことを教えた猫』

『カモメに飛ぶことを教えた猫』(ルイス・セプルベダ). 心がじんわりあたたまった. 静な場所でホットココア片手に読みたい本. 童話のようだが、むしろ大人向けかもしれない. 最近涙もろくていかん.

『キルギスの誘拐結婚』(林典子)

今日読んだ本. 『キルギスの誘拐結婚』(林典子). 男性が一方的に好きになった女性を誘拐して、無理やり結婚する習慣があるキルギス. ストーカー的人権侵害と言えるが、伝統や文化という一面もある. 非常に...
マンガ

『黄昏流星群』

『黄昏流星群』の男性の主人公って50〜70代だけど、女性は30代〜50代メインの気がする.
スポンサーリンク