悲しかった事

スポンサーリンク
悲しかった事

負けないで

応援しているあるブログ. 素晴らしい映画のレビューはいつも鑑賞の参考にさせてもらっている. 今日管理人さんが苦しんでいらっしゃるという記事がアップされていた. お気持ちが晴れることを心から祈っている.
悲しかった事

草むらの猫

今日例の草むらの猫を見に行ったら、持ってかれてしまっていた. 鼻の悪い私はなんとも思わなかったが、かなり腐敗臭がしていて近所の人に気づかれてしまったらしい. ああ、こんなことなら庭に運んでおくのだった
悲しかった事

わ、私のWGが……。

うううう、なんてこった. 私のお気に入りのカメラ、PENTAX WG-10が水没してしまった. スキンダイビングに夢中になっていて点検をしなかったのが原因. バカだ. 悲しすぎる. WGを抱えて震えな...
悲しかった事

命日

義父と実の父の命日が偶然同じ日なので、前日に父、当日に義父のお墓参りをした. 広大な墓地に行って見渡す限り墓が並んでいるのを見る度、誰もが死を逃れられないという事実を思い知らされる. メメント・モリ.
悲しかった事

ハトで欝

家の敷地内の全く使用していない一角に一年ぶりに足を踏み入れたら、ハトが営巣していてひどい状態になっていた. もはや素人の手に負えないので専門の業者に頼むことに. 汚染ぶりを考えるだけで欝. 金額的にも...
悲しかった事

これはひどい

デモ用ドレスを直しに出した. 先週忙しかったのでお金で時間を買ったのである. だが仕上がりはひどく単に糸を切っただけ. 馬鹿者、きさまそれでもプロか! と言えるはずもなく今必死でミシンを踏んでいる.
悲しかった事

冷蔵庫に鎮座ましますフォアグラ

親類からフォアグラの缶詰をもらって1ヶ月が経つ. そんな高級食材どう調理したら良いか分からずそのままにしてある. ネットを調べれば調理法は分かるのだが、下手に手を出して台無しにするのが怖い. 貧乏性で...
悲しかった事

暖炉復活

2週間ほど前に暖炉の上の鏡が落下し、スチームパンクグッズがいくつか破損した. 毎日すこしずつ修理をして、ようやくなんとか見られるようになった. なくなってしまったものもあるが、また少しずつ集めていこう...
悲しかった事

鏡よ、鏡

暖炉の上に飾っていた鏡が落っこちた. 結構な大きさだったので、マントルピース上のスチームパンク小物を破壊. 鏡自体が割れていなかったのが不幸中の幸い. だが、割れ物を片付けながらかなり凹んだ. どんよ...
悲しかった事

『帝一の國3』(古屋兎丸)

震えながら待っていた古屋兎丸の新刊『帝一の國』3巻. もうすでに5回繰り返して読んでしまった. 丸尾末広や山本タカト的な麗しい男性に釘付け. オリジナル手ぬぐいプレゼントにはなんとしても当選せねばなら...
悲しかった事

レバ刺し

これまでの人生でレバ刺しを食べたことがない. レバ刺しが禁止になったことでもう今後の人生でも食べることはないだろう. 今まで特に食べたいと思ったことがないけれど、禁止されると食べときゃ良かったと思う.
悲しかった事

冷やし中華はじめました

今年初めての冷やし中華. しかし個人的には「しまったこれじゃなかった」と思うことが多い. おそらく冷たいのでラーメンに比べると満腹感、ガッツリ感に欠けるからではないだろうか. だがきっと来年も食べるだ...
悲しかった事

岐阜県の珍スポット・喫茶五重塔閉鎖

読者のユージ・ヌノカワさんからの情報で、岐阜県の珍スポット喫茶五重塔が閉鎖されたことを知った. オーナーのご夫婦お亡くなりになったのか……とても寂しいし残念だ. 作品もだんだん朽ちていってしまうのかな...
悲しかった事

華麗なるスルー

ある集まりで若い女性と初めてお会いし、にこやかに話しかけたのだが全くの無視. 他の人にも木で鼻をくくったような態度だった. 社会人でここまで華麗にツンケンできる人を生まれて初めて見た. ある意味感服し...
悲しかった事

同じ命日

長く更新を休んでしまった. 父、祖父につづき、新年早々義父が亡くなった. 偶然にも父と全く同じ01月04日だった. 毎年身内の葬儀をしていると心がぼんやりしてしまう. でもようやく四十九日も終わったの...
悲しかった事

公園

楽しい話題を書きたいが、心にためておくことができない. 昨日公園の池で溺れ死んでいる猫を見た. どう考えても猫が自分で行けないような場所で. 早朝暗い時間に歩くのはやめたほうが良いかもしれない. 犯人...
悲しかった事

公園の事件

私が毎朝歩いている公園で猫が何匹も虐殺される事件が起こっている. 早朝で辺りが暗い中歩いているのだが、愛犬はまったく番犬にはならないので不安だ. 防犯ブザーや携帯を持ち歩いた方が良いかも. 犯人が憎い...
悲しかった事

三回忌

先日は父の三回忌だった. 彼は仏教徒として葬られたが私はキリスト教を信仰しているので、法事の度に宗教的自我が揺らぐ. お焼香の時も「これは仏を拝んでいるのではなく死者の鎮魂を祈っているだけなのだ」と悩...
スポンサーリンク