店主への挨拶に関する葛藤

スポンサーリンク

うなぎを食べに行ったら帰り際に店主が挨拶に出ていらした. いつも迷う. 「美味しかったです」は子供っぽくて間抜け、「美味しゅうございました」というには私はまだ若すぎる. 早く年を取りたいとこういう時思う.
※「美味しかったです」は「昨日の遠足は楽しかったです」と書く小学生みたいだ. そもそも文法的に合ってるのか? また「美味しゅうございました」は60代以上のマダムにこそ似合う. 今の私では気取っているしウソっぽい. 結局「あの……そのとても美味しく……いただきました、ハァ」みたいなしょーもない挨拶に. 情けない.

管理人の頭の中
スポンサーリンク
この記事を書いた人
五十嵐 麻理

億万長者。珍スポット愛好家。スチームパンカー。青人魚連盟(BML)代表。ツールズ(Tools)代表。著書に『日本珍スポット100景』、『ネオ・ヴィクトリアンスタイルDIYブック』など。

五十嵐 麻理をフォローする
今日の100文字