Book of the Year 2007(7)『摩天楼の怪人』

スポンサーリンク

『摩天楼の怪人』島田教信者は傑作・駄作に関わらず教典を読む. 近年御大には正直失望していたが、希望の光が心に灯った. 摩訶不思議な不可能犯罪、奇想天外でダイナミックなトリック. 新本格は死んじゃいない.

Book of the Year
スポンサーリンク
この記事を書いた人
五十嵐 麻理

億万長者。珍スポット愛好家。スチームパンカー。青人魚連盟(BML)代表。ツールズ(Tools)代表。著書に『日本珍スポット100景』、『ネオ・ヴィクトリアンスタイルDIYブック』など。

五十嵐 麻理をフォローする
今日の100文字