Book of the Year 2007(8)『容疑者Xの献身』

『容疑者Xの献身 (文春文庫)』「直木賞は本書でなく東野圭吾の功績に与えられたもの」「推理小説としてフェアじゃない」という意見もあるが、実際ミステリとしてもエンタティメントとしても良くできた作品だと思う. 男性の方が泣けるかも.

広告