『帝一の國(五巻)』(古屋兎丸)

スポンサーリンク

『帝一の國』. 耽美系の絵で描かれるシリアスギャグ. というか最近腐女性的ウマー的な展開になっていて大暴走中. 古屋先生は天才だ! 巻末のエピソードも本編と同じぐらい面白い.

マンガ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
五十嵐 麻理

億万長者。珍スポット愛好家。スチームパンカー。青人魚連盟(BML)代表。ツールズ(Tools)代表。著書に『日本珍スポット100景』、『ネオ・ヴィクトリアンスタイルDIYブック』など。

五十嵐 麻理をフォローする
今日の100文字