2012年に叶えた夢ベスト7「ウミガメと泳ぐ」

スポンサーリンク

ウミガメは水族館でガラスを隔てて見るものだとずっと思っていた. でも今年、沖縄の渡嘉敷島でウミガメと一緒に泳ぐことができた. ウミガメを下から、上から、横から眺めて泳いだ. 一緒に空を飛んでいるようだった. (09/14)

補足&関連URL

ウミガメと一緒に泳ぎたいと思ったのは、2009年に徳島県の「日和佐うみがめ博物館カレッタ」を訪れた時だ. ここは世界でも珍しいウミガメ専門の博物館. ウミガメの剥製やウミガメの映画が上映されるハイビジョンシアターの他、飼育されているたくさんのウミガメを見ることができる. ウミガメってなんて愛らしい生き物なんだろう!
その夢が叶うまで3年かかった. 実際に目にしたウミガメの泳ぎは空をゆったりと飛んでいるかのよう. 全く力みがなくて、見ているだけで心がほぐれていく気がする. イルカと一緒に泳いだ時はワクワク、ドキドキの動的な面白さがあったけど、ウミガメと泳いだ時は胸がじんわり温かくなるような静かな楽しさを感じた.
スキンダイビングを熱心に学んだおかげで、私は水の中を自由に飛び回れるようになった. 水中なら宙返りもスピンターンも思いのままだ. フィンがあれば水を切って結構なスピードで泳げる. それでも時速20キロで泳ぐウミガメには置いていかれてしまう. だから脅かさないようにつかず離れず、横目でチラチラ見ながらそっと泳いだ.
ウミガメは私のことなど全く気にもとめず悠々と海の彼方へ消えていった. 短い時間だったけど私はウミガメと一緒に泳げてとても幸せだった.

今年達成した夢
スポンサーリンク
この記事を書いた人
五十嵐 麻理

億万長者。珍スポット愛好家。スチームパンカー。青人魚連盟(BML)代表。ツールズ(Tools)代表。著書に『日本珍スポット100景』、『ネオ・ヴィクトリアンスタイルDIYブック』など。

五十嵐 麻理をフォローする
今日の100文字