2012年に叶えた夢ベスト15「モノフィンで泳ぐ」

モノフィンとはフリーダイビングで使われる、両足を一緒に入れるタイプの一枚ヒレ. 生まれて初めて本格的なプロ仕様のフィンでトレーニングを受けた. 50メートル潜水のドルフィンスイムに成功. 驚くべきスピード. (10/28)

補足&関連URL

以前からモノフィンのトレーニングを受けたいと考えていた. だが、日本ではモノフィン自体がポピュラーでなく、レッスンを受けられる教室は、東京ならともかく地方にはほとんどない. ようやく見つけた講習会に念願叶って今年参加することができたのだ.
本格的なプロ仕様のモノフィンをはくのは生まれて初めてだったが、スキンダイビングのトレーニングを以前から続けているので難なく泳ぐことができた. この講習中、50メートルのアプネア(潜水したまま泳ぐこと)ドルフィンスイムに成功した. ブラックアウトが怖かったので途中でやめてしまったが、もう少し頑張れば75メートルはいけると思った.
後で主催者の方にお聞きしたら、講習を初めて受けて50メートル泳ぎ切ったのは私を含めて2人だけだったという. もう一人は、シンクロナイズドスイミングの元オリンピック選手. 2012年に叶えた夢ベスト17に「女性アスリート並の肉体を保つ」と書いたが、あながちウソを書いているわけではないのである.
教えていただいた方には「本格的に訓練をすれば、すぐに世界大会に出られますよ」と言われた. お世辞かもしれないけど嬉しかった. でも正直言うと、大会や試合には全く興味が無い.
スキンダイビングや毎日のトレーニングを続けているのは、私の子どもの頃からのある夢を叶えるためである. その夢は今年叶った夢のベスト1なのでその時に詳しく書きたい.
ちなみに私の学校での体育の成績は5段階評価(5が最高、1が最低)で、1か2、良くて3だった. 学校の女性体育教師には「グズ、のろま、運動神経ゼロ」とまで罵られた.
学校の体育の授業は球技ばかりで、赤ん坊の頃から右目が悪かったので、遠近感がつかめず突き指したりボールを落としてばかりいたからだ(大人になってから目の手術をしたので今は立体的にモノが見られるようになった).
M先生、見てますかー? 今の私は自分の思うままに体を動かせますよー. 世界大会への勧誘も受けられるようになりましたよー.
この女教師はシャーロック・ホームズみたいな家に住みたいと言っていた私を教室で笑いものにもしたけど、現在私はヴィクトリアンなスチームパンク書斎で暮らしている. 体育教師M、きさまの目は節穴だ. 言われたことは忘れないぞ. 私は執念深いのだ.
もっとも学校の授業では、スキンダイビングもモノフィンも、乗馬も、キックボクシングも、ウエイトトレーニングも、登山もカリキュラムに入っていないから、球技ばかりの授業では成績が悪いのも仕方ないことだけど.
もしあなたがまだ子どもで、先生や親やまわりの大人が、あなたのことを笑ったりしても全く気にする必要はない. 彼らにあなたの夢や才能を理解する能力がないだけのことかもしれない. 環境が整っていないだけかもしれない. 10年頑張るのだ. その時あなたが間違っていたのか、彼らが間違っていたのかはっきりする.
真実かどうかわからない評価を真に受けて、縮こまってしまってはいけない. あなたの評価はあなただけがすれば良い──と、あなたにも、子どもの時の私にも言いたい.

広告