『帝一の國3』(古屋兎丸)

スポンサーリンク

震えながら待っていた古屋兎丸の新刊『帝一の國』3巻. もうすでに5回繰り返して読んでしまった. 丸尾末広や山本タカト的な麗しい男性に釘付け. オリジナル手ぬぐいプレゼントにはなんとしても当選せねばならぬ.
※追記:外れました…….

悲しかった事
スポンサーリンク
この記事を書いた人
五十嵐 麻理

億万長者。珍スポット愛好家。スチームパンカー。青人魚連盟(BML)代表。ツールズ(Tools)代表。著書に『日本珍スポット100景』、『ネオ・ヴィクトリアンスタイルDIYブック』など。

五十嵐 麻理をフォローする
今日の100文字